【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ15選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

悪徳外壁塗装業者の手口とは?知識を身に着けて危険を回避!

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/08/06


リフォームのクオリティを見抜くには、専門知識や経験などが必要です。そのため、正しい手順で施工が行われたのか、手抜き工事が行われていないかなどを、素人が判断するのは難しいもの。悪徳業者に騙されないためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。この記事では、外壁塗装業者を選ぶ時に知っておくべき注意点をまとめました。

悪徳外壁塗装業者の手口について知ろう!

外壁塗装は、リフォームの中でもとくに仕上がりの良し悪しを判断するのが難しく、下地処理が行われていない、塗装の回数が少ないなどの手抜き工事が発生しやすいといわれています。悪徳業者に騙されないためには、あらかじめ彼らがよく使う手口を知っておくことが大切です。

1つ目は、キャンペーンやモニター価格などによる、大幅な値引きです。「地域限定で今だけ安く施工ができる」「足場の設置が無料なので費用がかからない」など、数十万円単位で費用が安くなる場合は要注意。経費や塗料代に料金が上乗せされており、最終的な見積もりは相場より高くなるケースも見られます。

2つ目は、飛び込みの訪問販売です。すべての訪問販売が悪質なわけではありませんが、外壁の状態は外からでも判断しやすいため、悪徳業者にとっては営業を行いやすいのです。「無料で住宅の診断をする」などのサービスから外壁塗装の営業へつなげるケースも多いので、信頼できると感じた業者でなければ、話を聞く姿勢を見せる前に断るのがベター。訪問販売で外壁塗装業社を選ぶ際は、会社の施工実績や担当者の雰囲気、費用の相場などを考慮しながら、慎重に選ぶとよいでしょう。

こんな営業トークには要注意!

悪徳業者は「外壁の劣化が進んでおりすぐに塗り替えが必要」「雨漏りが見られるので放っておくと住宅全体が傷みかねない」など、不安を煽る言い回しをすることがあります。ほかにも、こちらに考える時間を与えず即決を迫る、脅し文句で契約を急がせるなどの営業トークは、悪徳業者を疑いましょう。

また、「自社製品の塗料を使用している」「資材はすべてオリジナル商品」などでコストがかからない旨をアピールする業者も要注意です。塗料の情報を調べても価格や特徴などがわからないため、質の低い塗料を高価格で売られてしまうケースもあります。オリジナル商品を使用している業者が必ずしも悪徳であるわけではないものの、塗装実績や費用の相場などをきちんと判断した上で契約を検討してください。

悪質な外壁塗装業者を見分けるためには?

外壁塗装において、業者選びは工事の質に影響する大切なポイントです。とはいえ、多くのリフォーム会社から信頼できる業者を選び抜くのは難しいもの。初めてリフォームをする人は、費用相場などがわからず、どのような点に注意して業者を選ぶべきか迷われることでしょう。

おすすめは、あらかじめ複数の業者をチェックし、相見積もりを取って比較検討することです。同じ条件で相見積もりを取ることで、費用相場や打ち合わせの雰囲気、見積書の正確さ、サービスの良し悪しなどを判断できます。訪問販売で外壁塗装を勧められた際も、その場で契約をせずに、ほかの業者と比較しながら冷静に判断してください。費用が安いからお得というわけでなく、アフターサービスはあるのか、保証の期間はいつまでか、見積書の内訳は詳細に記載されているかなどを確認し、総合的によいと感じた業者に依頼しましょう。

 

外壁塗装は、ひと目で工事のクオリティを判断しづらいものです。そのため、悪質な業者による手抜き工事や、料金の上乗せなどが発生しやすい実情があります。大幅な値引きをアピールする業者や、訪問販売で飛び込み営業に来る業者、不安を煽る営業トークをする業者などは特に注意が必要です。業者を選ぶ時は、複数の業者から見積もりを取った上で、信頼できると感じたリフォーム会社に依頼しましょう。

サイト内検索