【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ10選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装の色選びはシミュレーションが重要

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/02/02

外壁塗装工事で意外と多いトラブルが、仕上がりが希望していたカラーと違うといったものです。業者によっては、塗り直しが有料のところもあります。満足できる外壁塗装にするには、色選びのシミュレーションが何より重要になってきます。塗装を施す前のシミュレーションの必要性と塗装で失敗しないポイントについて解説するため、参考にしてください。

外壁塗装のカラー選びはなぜ難しいのか

外壁工事の際に色選びでよく使われるのが、カラーパネルの見本です。しかし、パネルで選んだものと塗り終えた色が違って見えることは多いといえます。なぜならパネルは小さいので、実際に広い面積の外壁にその色を塗ったときに、パネルよりも濃く見えてしまうのです。見本を使うのであれば、希望するカラーよりもワントーン落とした薄めの色を選ぶほうがよいでしょう。

しかし、見本だけではイメージしにくいこともあるのではないでしょうか。施工する職人に希望のカラーを伝えたくても、なかなか思うようにイメージが伝わりにくいのも現実です。さらに建物の周囲の景色とのコントラストなども考慮して色を選びましょう。

日陰か日当たりがよいか、日差しの角度などによってもカラーが違って見えるものです。このような点から考慮して、カラー選びの際にはシミュレーションすることが重要となってきます。慎重なシミュレーションを重ねてこそ、憧れの希望通りのマイホームが実現するのです。

シミュレーションの方法と必要性

近年では、外壁塗装会社では塗料の色のシミュレーション機械を導入しているところが多いでしょう。外壁塗装で失敗しないためには、施工会社との施工前の念入りな打ち合わせが必須です。一緒にシミュレーションをして、おすすめのカラーの提案や丁寧に打ち合わせをしてくれる会社であれば安心です。そのような施工会社に沖縄の外壁塗装は任せたいものでしょう。

シミュレーションの方法は、パソコンを使うことが多いようです。実際に塗る色味をパソコンの映像に載せてみて、最も適したカラーを選んでいく方法になります。中には1階と2階で外壁のカラーを変えたい人もいるかもしれません。そうした場合も、パソコン上で色を組み合わせてみることで、完成時の雰囲気が掴めます。周りとの景色や屋根とのコントラストなども、シミュレーションを見ればよくわかるはずです。

スタッフも一緒にシミュレーションすることで、顧客の希望が伝わりやすくなるというメリットもあります。丁寧なシミュレーションこそが、外壁塗装の成功の鍵を握っているのです。

シミュレーションでチェックしたい項目

まず、自身が希望する家のテイストを定めましょう。ナチュラル系やモダン系、カジュアル系など理想とする雰囲気があるはずです。それによって外壁のカラーも、寒色系や暖色系のどちらが向いているのかが見えてきます。外観を引き締めたいのであれば寒色系、広く柔らかく見せたいのであれば白やパステル系、暖色系が適しているでしょう。

次に塗膜の質感も重要です。マット調にするかどうかによっても、見え方は変わります。最近では石調仕上げの塗料などもあるので、個性的な外壁にしたいのであれば、そのような塗料を使うのも1つの方法です。それもまたシミュレーションしてみることで、どのような仕上がりになるかがわかります。沖縄は海が見える立地も多いことでしょう。海と映える外壁カラーを考えてみることで、よりいっそう素敵な住まいが実現するのではないでしょうか。

 

沖縄の住まいは、景観に映えるおしゃれな外観にしたいものです。慎重なカラーシミュレーションで、満足度の高い家づくりをしましょう。事前のカラー選びもまた楽しいのではないでしょうか。塗料の種類もますます増えているので、よい塗料を提案してもらうとよいでしょう。

サイト内検索