【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ15選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

沖縄の外壁塗装の機能性塗料が担う役割とは?

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/05/28


沖縄の外壁塗装の機能性塗料は、高温多湿で気候などの影響からダメージを受けやすい建物の外壁を保護してくれる役割を有しています。汚れがつきにくかったり、遮熱・断熱性に優れていたりするなどさまざまな役割を果たし、大切な家を保護してくれるのです。そこで今回の記事では、沖縄の外壁塗装の機能性塗料が担う役割について詳しく解説します。

機能性塗料が担う役割

はじめに機能性塗料が担う役割について解説していきます。

汚れがつきにくい
機能性塗料を家の外壁や屋根に塗ることで、塗った部分に「塗膜」という薄い膜が形成されます。この膜があることで、雨や風などで運ばれてくる汚れが付着しにくくなり、汚れがつきにくい状態になるのです。

遮熱・断熱性に優れている
遮熱・断熱性に優れているのも、機能性塗料が担う役割のひとつです。塗料によっては外壁や屋根に照りつける赤外線を跳ね返し、熱が家にこもらないようにしてくれるものも存在します。暑さの原因となる赤外線を反射してくれるだけではなく、家に熱が入り込まないようシャットダウンしてくれる役割も有しているのです。夏は気温が上昇しにくくなり過ごしやすいのはもちろんこと、冬には家の温かい空気を逃がさず閉じ込めてくれる、一石二鳥の役割を果たしてくれます。

防カビなど
外壁や屋根の場所によっては、日光が照りつける量が少なく湿度が高まり、カビが増殖しやすい箇所も数多く存在します。機能性塗料はカビが発生することを防ぎ、建物をキレイな状態に維持してくれる役割も有しているのです。とくにカビなどを放置していると、外壁や屋根が腐食していき、最終的には崩れ落ちてしまう可能性もあります。日光が当たりにくい部分から腐食していかないようにするために、機能性塗料は大きく寄与してくれるでしょう。

耐候性
沖縄は、土地の性質上どうしても雨風や日光の強さ、気温の上下などが激しく、外壁や屋根が傷んでしまいやすくなっています。紫外線や温度・湿度の変化、台風などにも強い外壁や屋根が必要となるでしょう。機能性塗料は耐候性に優れており、天候の変化でも家が傷まないように保護してくれます。

作業のしやすさ
作業のしやすさとは、一見依頼主にとっては関係ないことだと思う人も多いのではないでしょうか。しかし沖縄の外壁塗装の機能性塗料については、作業のしやすさのも重視しなければいけない重要なポイントです。なぜかというと機能性塗料とは、一度塗っただけでその後メンテナンス不要なものではありません。

私たち人間が体のメンテナンスとするのと同じように、大切な家も定期的にメンテナンスをしなければ、少しずつ劣化してしまいます。そのため塗料がどれだけ塗りやすいのかという作業のしやすさに関しては、定期的に作業を行うことになる職人だけでなく、依頼主にとっても関係があることなのです。塗料が作業のしやすいものである場合、職人もスムーズに仕事を行えるため、家を守るために最大限の効果が発揮できるよう業務に注力できます。

業者独自の塗料に注意する

機能性塗料を外壁に塗ってもらおうと考えている場合、業者独自の塗料に注意する必要があります。業者独自の塗料と説明されますが、その実態はただ単純に一般的な塗料メーカーの商品を利用するだけであったり、余っているものを活用しているだけであったりするのです。

もちろんこういった悪徳な業者だけではなく、業者が塗料業者と提携して、機能性の高い独自の塗料を開発しているところも存在します。ただし、業者独自の塗料を提案された場合には、それがどのようなものなのかしっかり調べることも重要です。

 

沖縄の外壁塗装の機能性塗料については、今回紹介してきたようにさまざまな役割を有しています。あらゆる面から大事な家を守ってくれるので、できるだけ長くキレイな家に住みたいという方は、一度機能性塗料を家に利用することを検討してみてもよいかもしれません。

サイト内検索