【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ15選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装の色と効果を長持ちさせるコツ

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/02/08


沖縄の住宅を外的刺激から守ってくれるのが外壁塗装です。塗装を少しでも長持ちさせるためには、心得ておくべきポイントがあります。ここでは塗装の耐用年数を延ばすためのコツ、耐用年数を左右する技術力、耐用年数の目安などについて説明しています。外壁の色と効果を引き出すためにも、信頼できる塗装会社を見つけてください。

長持ちする塗料を導入する外壁塗装会社を

外壁塗装には必ず寿命が存在し、塗装なしで外壁を守り続けることはできません。沖縄では厳しい日差しに加えて、雨風の影響によって外壁は傷んできます。とくに紫外線による影響が大きいため、日に当たりやすい立地にある住宅は外壁が傷みやすくなります。

外壁は海風の影響も受けるので、海岸近くに立地する住宅は塗装が傷みやすいです。外壁塗装は塗料の種類別に耐用年数が定められていますが、この期間はあくまでも目安として考えましょう。沖縄の住宅の外壁を長持ちさせるためには、持続期間の長い塗料を取り扱っている外壁塗装会社に依頼するのが得策です。

塗料の耐用年数と費用は比例関係にあることが多く、長持ちさせようと考えればコストは大きくなりますが、一方で施工頻度を減らせる、足場を組む回数を減らせるなどのメリットがあります。塗装作業のたびに足場を組むことになるので、耐用年数の短い塗料を使用した場合、塗料は安くても費用対効果で見ると悪くなってしまうケースがあることを考慮しましょう。

職人の技術力が耐用年数に影響する現実

高品質の塗料を使用していても、職人の技術力に問題があれば色や効果の持続に問題が生じます。外壁塗装は誰が行うかによって耐用年数が大きく変わるのです。一般の方が同様の塗料を使用しても、プロと同じ耐用年数を実現するのは困難です。同じ職人同士であっても、技術の差が仕上がりや耐用年数に影響してきます。

沖縄で外壁塗装を長持ちさせるためには、腕のよい職人が在籍する会社を選びましょう。老舗と呼ばれる会社を選ぶことも大切ですが、職人が定着しているかどうかも大切なポイントです。なかには一級建築塗装技師が在籍している塗装会社もあります。

塗装は経年劣化するのが当たり前ですが、塗り替えの時期を明確に見極めるのは意外と難しいです。そのため、定期点検などのメンテナンスをしっかりと行ってくれる沖縄の塗装会社を選ぶことをおすすめします。

必要な過程をしっかりと踏んで作業をしてくれることも大切です。塗装は重ね塗りが必要で、一度しか塗らないと耐用年数が短くなります。色と効果を持続させるためにも、塗装工程の一部を省略しない塗装会社を選ぶことが大切です。

一般的な外壁塗装の耐用年数はどのくらい?

5~7年くらいが一般的な耐用年数となり、10年になると長いと考えるとよいでしょう。沖縄の外壁塗装会社のなかには、15年の耐用年数を売りにしているところもあります。当然ながら塗料代と施工料金は高くなりますが、長期的に見るとお得になります。外壁塗装の作業において足場の設置費用は無視できず、施工費用の2割を超えるのが普通です。

よく外壁塗装と屋根塗装を同じタイミングで実施するケースが見られますが、これは足場を1回組むだけで外壁と屋根の両方に対応できるためです。沖縄で外壁塗装をするのであれば、沖縄の気候風土にマッチした施工会社を選択する必要があります。

激安塗料を通販で取り寄せて、自分で施工するのは得策ではありません。結果的に耐用年数が極端に短くなり、費用対効果が悪くなるからです。プロに依頼すれば長持ちするだけでなく、見栄えが非常によくなります。ムラのない色とツヤを実現できるのは、プロの技術があってこそといえるでしょう。

 

外壁塗装会社はどこも同じではありません。沖縄で塗装会社選びをする際には、沖縄の気候風土を把握している会社を選ぶと安心です。塗装効果と色を長持ちさせることにより、施工頻度を抑えて結果的に費用対効果をよくできます。優れた技術を有する職人が在籍する会社に依頼すること、耐用年数の長い塗装を導入していることなども会社選びの大切なポイントです。

サイト内検索