【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ10選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装に使う塗料の特徴を解説!ウレタン塗料とは

公開日:2020/12/01  最終更新日:2021/02/02

ウレタン塗料は塗料の中でも価格が安く、利用しやすい塗料として知られています。沖縄の外壁塗装でこの塗料を使いたい場合、どのような特徴があるのかを確認しておくとよいでしょう。ウレタン塗料はウレタン系樹脂を主成分とした塗料であり、耐久性に優れているわけではありません。しかし、木製や鉄部に適した塗料となっているのです。

沖縄の外壁塗装で使用できる塗料

ウレタン塗料の主成分はウレタン系樹脂であり、樹脂の中でも柔軟性が高いことが特徴です。密着度も高くなっており、高級感のある仕上がりになることもポイントでしょう。中には艶のないタイプなどもありますが、仕上がりが劣るとされています。

ウレタン塗料は場所に関係なく、沖縄の外壁塗装ならどこでも使用できるようです。ウレタン塗料は弾力性に優れていることも特徴であり、伸縮しやすい塗料となっています。塗料の密着度が高いため、ひび割れも起こりにくくなっているのです。もちろんまったくひび割れが起こらないというわけではありませんが、ひび割れが広がりにくくなっている点が特徴でしょう。

ウレタン塗料には油性と水性があり、それぞれ異なる特徴を持っています。油性は樹脂と乾燥油を主成分としており、1液型と2液型があります。以前は耐久性が高い2液型しかなかったのですが、1液型より耐久性が高いというメリットがあるようです。水性は環境や人体への影響が少ないことが大きなメリットでしょう。さらに、溶剤の含有量が少ないため、臭いもあまりありません。価格も油性と比べて安くなっています。

ウレタン塗料のメリットを確認する

ウレタン塗料のメリットとしてはまず、光沢があって高級感があるということが挙げられます。光沢ある塗膜を作ることができるため、見た目を美しくできるのです。しかし、逆に艶を消したい場合にはあまり向いていないといえるでしょう。

さらに、ウレタン塗料は柔らかいので、扱いやすい塗料です。硬化した後の塗膜も柔らかいため、沖縄の外壁塗装でも使いやすいといわれています。沖縄の外壁は、建物の動きによってひびが発生してしまうことがありますが、ウレタン塗料を使うことでひびが発生しにくい外壁を維持できるようになるのです。ひびが入りやすい建物には最適な塗料といえるでしょう。また、密着性が高い塗料であり、誰でも扱えることが特徴です。一般人でも扱いやすい塗料で、失敗しにくいでしょう。

メンテナンスしやすいこともこの塗料の大きなメリットです。ウレタン塗料は素地の表面を樹脂で覆うことになるため、傷に強いという特徴もあります。次回の塗装のメンテナンスでも手間を省くことができ、とても楽に手入れができるようになるでしょう。

さらに、一般的な塗料と比べ、価格が少し安くなっていることもメリットの1つです。外壁塗装は範囲が広いため、全体に使用すると大きな差が出てきます。

ウレタン塗料が向いている人とは

沖縄の外壁塗装でウレタン塗料を使いたい場合、どのような人に向いているのか知っておくとよいでしょう。まずは安く外壁塗装を行いたいという場合に向いています。ウレタン塗料はシリコン塗料と比べると価格が安く、見た目もキレイに仕上がることが特徴です。費用は1平米あたりの単価が1500〜1700円程度となっています。単価と広さをかけ合わせて算出して決めていくことになりますが、施工代金や資材、足場代などがかかってくるため、正確な金額については見積もりで出してもらいましょう。

沖縄で外壁塗装を行う場合、業者へ依頼した後に近隣への挨拶や養生、足場組み、下地処理なども必要です。塗装工事終了後には足場の解体や清掃を行うことになりますが、すべてが完了するまで2週間程度かかるとされています。ちなみに、雨樋などの補修が必要な場合、外壁塗装と同じタイミングで依頼するのがおすすめです。外壁塗装と日程を分けてしまった場合、費用が高くなってしまうことがあるでしょう。

 

ウレタン塗料は手頃な価格で外壁塗装ができる塗料です。そのため沖縄でもさまざまな場所に使用されています。弾力性や光沢感があり、ひび割れに強いということが大きなメリットです。塗料の特徴をきちんと理解し、外壁塗装を依頼するようにしましょう。

サイト内検索