【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ10選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装による断熱効果はどのくらいある?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/08

外壁塗装は見た目を美しくするだけではなく、屋根や建物に塗料を塗ることでコーティングし、雨風から建物を守る役目があります。それ以外にも断熱塗料や遮熱効果のある塗料を使用することにより外壁の表面温度を下げる効果を期待できます。どの程度の効果があるかは使用する塗料の種類により違いがあります。

塗料の種類による効果の違いについて

断熱効果のある塗料と一口に言っても耐久性や価格もさまざまであり選択肢が多いので、しっかり比較して選ばなくてはなりません。ガイナ塗料やアドグリーンコート塗料、キルコート塗料がポピュラーですが、それ以外にも一般的によく使用されているアクリル塗料やウレタン塗料などもあり、選択肢は非常に多いです。

効果の高い塗料は魅力的ですが、当然その分料金が高額になるので予算と相談して決めることも大切になってきます。

断熱と遮熱の違いや色の効果について

外壁塗装で気になるのが断熱と遮熱の違いであり、この二つには大きな差があるので、内容をしっかり理解しておくことが大切になってきます。遮熱は熱を反射し遮断する技術であり、断熱は熱自体を伝いにくくする技術となっています。

断熱は夏場に効果を発揮するだけではなく冬でも寒さを通さないのが特徴であることに対し、遮熱は熱を跳ね返すだけの効果なので冬の寒さ対策には効果はありません。そのことから断熱効果のある塗料を選ぶ人が多く、ニーズも高まっていることは確かと言えるのではないでしょうか。

その他にも色による断熱効果の違いにも注目しておくようにするべきであり、塗料が明るいほど太陽の光を反射する効果があります。どんな塗料であっても明るい色を選んだほうが暑い熱が入らないという点で効果が高いと考えておきましょう。

業者選びが重要なポイントになる

断念効果のある塗料を使って外壁塗装をすることは珍しくありませんが、外壁塗装を依頼する業者は数多く存在しています。どこに依頼するかにより使っている塗料の種類に違いがあるのはもちろんなこと、必要となるトータル費用や工事期間にも大きな違いがあります。

それだけではなく腕の良し悪しにも違いはあり、同じ塗料を使っていても職人の腕により効果や見栄えに違いが生まれるので気をつけなくてはなりません。実績が豊富にある業者を選ぶべきであり、料金やサービス内容など細かな点までチェックしておくと安心できます。

熱を断つという点をウリにしている業者の場合には、過剰に表現しすぎていることもあるので気をつけなくてはなりません。塗装により期待できる効果は実際にはそれほど大きなものではなく、断熱材などの本格的な断熱工事と比較すると効果は低いと認識しておくことも大切です。

 

効果は塗料による違いが大きいことは確かですが、良いものを選ぶことである程度の効果は期待することができます。しかし塗料による効果は期待しすぎるべきではないので、実際にどの程度の効果を期待できるかきちんと確認してから決めるようにしましょう。

依頼する業者による違いも大きく影響することになるので、複数の業者を比較してから判断することが必須と言えます。見積もりを取ったり相談し、効果に対してわかりやすい説明があり信頼できる業者と塗料を選ぶようにしておきましょう。

沖縄は日本でも日差しが強く建物が日差しにより傷んでしまうことが多いからこそ、塗装で外壁を守るべきで適した業者に相談して外壁を長持ちさせるようにするべきです。

サイト内検索