【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ10選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装は自分でできる?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2020/02/05

住まいの外壁には塗装が塗られていて、自宅が劣化するのをしっかりと防いでくれています。しかし、雨や風、そして紫外線を浴びることで塗装自体が劣化してしまうため、定期的に塗り替える必要があります。

もちろん、劣化を防ぐのではなく、自宅のデザインをガラッと変えたいときも外壁塗装が役に立ってくれるでしょう。

塗料と道具はお店で簡単に手に入る

外壁塗装を住まいに施すときに絶対に必要になるのが、塗料と塗るための道具でしょう。当たり前と考えるかもしれませんが、選定がとても大変なのを知っておかなければいけません。

塗料にはさまざまなカラーが揃っているのはもちろん、効果も豊富なので、自宅にぴったりのものを選ぶ必要があります。紫外線カットや防汚など効果はいろいろなため、一通り調べたうえで購入するものを決めるとよいです。

そして、道具は塗るためのローラーや吹き付けるための電動のスプレーガンなど数多くの種類があります。効率的に施工できるものを購入しようと考えるかもしれませんが、複雑な道具を用意すると使いこなせない可能性があるので注意が必要です。

なお、ほかにも軍手や脚立など、外壁塗装に必要な道具はたくさんあります。どれを購入するとしても、現在はホームセンターを訪れれば、簡単に手に入れることができます。ネットショッピングで購入するのもよいですが、やはり初めて外壁塗装をするのなら実物を見てから購入したほうが安心でしょう。

塗料のカラーがイメージと異なったり、実際に手に持ってみたときの道具のサイズ感が合わなかったりするので、ホームセンターでの購入をおすすめします。

塗る方法はホームページや書籍を参考にしよう

外壁塗装をおこなう方法は、購入した塗料や道具のパッケージには詳しく記載されていません。もしも、自分でやりたいというのなら、DIYを紹介するホームページや書籍にて、外戚塗装について調べてみましょう。そこには素人でもおこなえる方法が載っているため、自宅の壁をしっかりと塗り直せるようになります。

ただし、一つのホームページや書籍だけを参考にすると、自分に合っていない方法かもしれないので注意しましょう。自分に合ったDIYの方法を知りたいのなら、たくさんの情報を収集して、そこからベストなものを選択することが大切です。

高さがあるのならプロに任せたほうが無難

一階建ての住まいの外壁を自分で塗るのならば、それほど危険はないでしょう。しかし、二階建て以上の建物の外壁塗装をするとなると、難易度はグッと上がってしまいます。安全に塗るためには足場を組まなければいけないので、高い場所での作業は素人ではかなり難しいといえるでしょう。

もちろん、足場を組む以外のもっと手軽な選択肢もありますが、危険度が増すのでおすすめはできません。そのため、もしも高所での作業が必要となるのなら、自分でやるのではなくプロに任せることも考えましょう。大けがをする可能性もあるので、外壁塗装を本職とするプロに任せたほうがよいです。

 

高所での作業が必要のない外壁塗装ならば、危険性が低いので自分でやってしまっても問題はないでしょう。塗料や道具はホームセンターで簡単に手に入れられるため、塗り方を勉強しておけば、完璧に近い外壁を手に入れられるかもしれません。

ただし、高所での作業が必要なら、危険すぎるのでプロに頼んだほうが安心できます。連絡をすれば、いくらくらいで外壁塗装が可能なのか教えてくれるため、とりあえずでも聞いてみることをおすすめします。

サイト内検索