【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ10選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装中に雨が降っても大丈夫?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/20

外壁塗装は住宅の劣化や風害などのダメージを防ぐ効果がありますが、沖縄などの台風が直撃することが多い地域では住宅のダメージも深刻になりやすいので、定期的に外壁塗装をすることが大切です。そこで職人さんが作業をしている最中に雨が降ってきたときは、どのように対応すればいいのかが、気になるポイントです。

雨のときに作業を続ける業者は危険

外壁塗装は住宅に安全に住むためにも必要なことですが、サービスを利用するときは、お客さんも外壁塗装の知識をもっておくことが大切です。効果のある外壁塗装を実現するには、雨が降ってきたときに作業をするような、業者は利用しないことが大切になります。

外壁塗装をするときになぜ雨が大敵になるのかというと、塗装の効果が雨によって大幅に減少してしまうからです。雨のなかでの作業は仕上がりが綺麗にならないですし、重ね塗りがうまくできないので、高額な料金を払って作業をしてもらった意味がなくなってしまいます。

沖縄のように台風が毎年直撃するような地域では、しっかり塗装がされていない住宅で生活をするのは、とてもリスクが高い状態です。そのため雨の状態で作業をストップしない業者はとても危険ですし、そもそも悪天候の予報のときは作業を最初からしないことが大切です。

外壁塗装の実績がある業者であれば、どこでも理解していることですが、危険を承知で作業をする業者も存在します。うまく塗装ができない状態を理解しながら、作業をする業者はスケジュールに余裕をもたせずに、限界ギリギリまで仕事を受注している可能性があり、その結果として無理な工程で塗装作業を進めている恐れがあります。

スピードも大切だが丁寧な作業のほうが重要

悪天候のときでも作業をしてしまう業者はデメリットしかないですが、短期間で作業を完了させて欲しいお客さんにはある意味で頼もしい存在でもあります。外壁塗装は住宅の周囲に足場を組み立てる必要があるので、見た目が工事現場のような雰囲気になりますし、職人が作業をしているときの話し声などで、近隣住民に迷惑をかけてしまうリスクがあります。

そのため短期間で作業が終わるのは魅力的でもありますが、いくら短期間で作業を完了させられても、塗料の効果がない状態では本末転倒になってしまいます。そのため晴天のときにスピードのある作業をしてくれて、塗料を塗るのが丁寧な業者がベストです。実績が豊富な業者であれば、スピードと質のバランスをうまくとれる職人が現場で活躍してくれます。

湿度が高い日も塗装はできない

台風シーズンは塗装のサービスを利用すべき時期ではないですし、梅雨も危険な季節です。沖縄にも梅雨は存在しますが、雨が降らない日でも、曇り空のときは湿度が高い状態ですから、塗料の気象条件をクリアすることができません。塗料の気象条件として、湿度が85%を超えてしまう日は、上手に塗装をおこなうことができないので、正常な作業をするのが難しいです。塗装はとてもデリケートな作業が必要になるので、気象条件がいいときにサービスを利用したほうが、塗料の効果を長期的に発揮させることができます。

 

雨が降っているときの塗装はご法度ですし、湿度が高いときも作業をすると危険です。気象条件に左右されるので、住んでいる地域で気象条件がいいときに外壁塗装のサービスを利用したほうが安全になります。悪天候のなかで無理矢理作業を進める業者は一見頑張っているようにも見えますが、塗料の効果がない状態で作業を終えてしまうリスクを知っておくことが、重要です。外壁塗装は業者によって料金にも違いがありますが、丁寧な塗装をしてくれる業者を利用したほうが、住宅に安心して住めます。

サイト内検索