【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ15選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装に使える沖縄県の助成金・補助金

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/08


沖縄の気候は年間を通じて暖かく南方の暖かい空気が入り込むため、長く住宅に住むためには外壁塗装が欠かせません。夏場の気温が32度以上で湿度も高く、紫外線も強いので住宅がダメージを受けやすく、劣化を防ぐために必要なのです。外壁塗装は自治体により補助金が出るため大変便利です。ここでは沖縄県の助成金や補助金についてお伝えします。

外壁塗装の助成金・補助金を受ける時の手順

外壁塗装の助成金や補助金は、塗装工事が終了した後に一定の額を支給する仕組みですが、工事の行われる前に申請書類をそろえて提出することが必要です。申請は口頭で済むような単純なものではなく、書類による細かい手続きが必要であることに注意し、確実に行いましょう。

外壁塗装の助成金申請に必要な書類を作成して自治体に提出すると、数日後支給審査通過の通知が届きます。決定通知が来て工事が終わった後には、その決定通知書に同封された報告書類を作成し、実際の塗装完成写真と一緒に納付することになっています。

それを受けて沖縄の自治体責任者が自宅に赴き、塗装工事がきちんと行われたか最終確認し、後日支給の決定通知が出るという仕組みです。事前に指定した銀行振込先に補助金が入金されていることを確かめ、完了という流れになっています。このような手順をしっかりとおさえておくと、迷うことなくスムーズに手続きを行うことが可能になるでしょう。

外壁塗装補助金をもらう時の注意点

外壁塗装については、家一軒丸ごとなどともなるとかなりの出費が予想されます。そのため、高温多湿で外壁を傷めやすい沖縄での塗装についての補助金や助成金の必要性は大変大きいものといえます。補助金の申請にあたって注意すべき点は、これから行う外壁塗装工事がリフォームであるということを証明しなければならないことです。

自宅の外壁に施す塗料が条件に合う遮熱または断熱用の塗料でなければならず、どんな塗料でもよいというわけではないことに留意しておきましょう。遮熱または断熱塗料を使うことを塗装依頼した業者に伝え、その証明書を発行してもらうことが必要です。

証明書を自治体に提出すると、塗装工事が終わった後に還付金を受けることができますから、あらかじめ塗料においては注意しておかねばなりません。あらかじめ条件として提示されている塗料がきちんと使われるように配慮し、業者とも相談の上間違いのないように工事に入ってもらうよう気をつけたいところです。

沖縄で簡単に補助金を申請する方法

補助金の申し込みは基本的にはすべて自分でするものですが、たくさんの細かい書類や手続きは一般人にはわかりにくく心配なものです。外壁塗装業者の中には補助金などの申請を代行してくれる会社もありますから、利用すると大変便利です。

業者にきちんと相談し、見積もりを立てる際に代行サービスがあることを確かめて依頼できますが、利息を払えば申請代行してくれるので忙しい時にはおすすめです。補助金の申し込みは助成金と違い厳しい審査が必要で、塗料が遮熱・断熱塗料でなければならないなど注意が必要ですが、その支給額が高いことから人気があります。

自治体の外壁塗装についての条件をホームページなどで確認し、塗装工事の申し込みや業者の指定などについても申請前にしっかりとチェックしておかねばなりません。太陽光が強く雨も多い沖縄の家の劣化はとても激しく、外壁塗装で補助金を受けることで費用の大幅な削減が期待できるのも魅力といえるでしょう。

 

沖縄では、高温多湿の気候ということもあり外壁塗装のニーズが高くなっています。安心安全な暮らしのためにも外壁塗装は欠かせませんが、自治体からの補助金や助成金を活用すれば低コストで確実に工事を施すことができます。申請についての注意を確認し、お得に外壁塗装をする価値は大きいといえるでしょう。

サイト内検索