【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ15選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

沖縄の外壁塗装におすすめの遮熱・断熱塗料まとめ

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/05/28


沖縄は年間を通じて気温が高く紫外線量も多いため、遮熱や断熱性に優れている塗料を外壁塗装に利用するのが効果的です。しかし、遮熱と断熱の違いがわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、沖縄の外壁塗装におすすめの遮熱・断熱性に優れた塗料に関して詳しく解説します。興味のある人は参考にしてください。

遮熱塗料の特徴

外壁塗装において使われる遮熱塗料の主な特徴は、日光が外壁や屋根に取り付けることによって、表面や内部の温度が上昇することを防いでくれることです。外壁や屋根は、年間を通じて常に外気に晒されています。そのため、何もしなければ表面温度が高くなるのはもちろんのこと、家の内部にまでその影響が及んでしまうものです。

遮熱塗料などを利用していない屋根に関しては、日光が降り注ぐことによって表面温度が65度近くまで上がってしまうこともあります。そうなってしまうと、建物の内部にもかなり影響が出てしまうのです。

しかし遮熱塗料を塗ることによって、屋根の表面温度は15~25度近く下げられるとされています。そのため、真夏であっても過ごしやすくなるでしょう。また表面温度が下がることによって、部屋の内部も少し気温が低くなっていくため、省エネや節約につなげることもできるという家計に優しい役割も果たしてくれます。

断熱塗料の特徴

遮熱塗料が降り注ぐ日光から、外壁や屋根の気温が上昇するのを防ぐ役割を有している一方で断熱塗料は、建物の熱自体を取り込み外に逃がさないようにする役割を担っています。また断熱塗料に関しては、内部に熱が入り込まないようシャットダウンしてくれる役割も果たしてくれるようです。

そのため、外の熱が部屋に影響しにくく過ごしやすく生活することもできるでしょう。夏が涼しく過ごしやすいようにサポートしてくれるのはもちろんのことですが、冬は家の暖かさが外に漏れでないようにしてくれるという1人2役の役割を果たしてくれるのです。夏の暑さだけではなく、冬の寒さを外壁や屋根の側面から解決したいと考えている場合は、断熱塗料を利用するのがおすすめだといえます。

遮熱・断熱塗料の違いと選び方

ここまでは、遮熱・断熱塗料に関する特徴について、詳しく解説していきました。しかし、どちらのものを家に利用すればよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。結論からいうと、目的に応じて使い分けるのが一番です。遮熱塗料は日光を防ぐという性質上、紫外線を吸収しやすい黒色のものはあまり利用できません。

そのため紫外線を吸収しにくい白など明るいものが中心となってしまいます。家の外観や色にこだわりがあるという人にとっては、その選択肢が狭まってしまうという可能性があるのです。そのため、場合によっては遮熱塗料を選びにくいという評判もあります。

一方で断熱塗料に関しては、色などによってその性能が左右されるということはないため、選択肢の幅が大きく広がるでしょう。熱を吸収してシャットダウンするという性質上、塗料も遮熱塗料の成分より厚いものにならざるを得ません。そのため汚れがついてしまったり、塗料が剥がれやすくなってしまったりするというデメリットが存在します。どちらも一長一短の性質を有しているため、どのようなことを重視するかによって、どちらの塗料を使うのか選ぶというのがよいでしょう。

 

今回の記事では、沖縄の外壁塗装におすすめの遮熱・断熱塗料に関して、詳しく解説してきました。それぞれどちらも優れた性質を有しており、家を保護するには重要な役割を果たしてくれます。自分の好みによってどちらを使うか決めることができるので、家族と暮らすマイホームに最適な塗料を選んで利用してください。

サイト内検索