【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ10選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装をやる理由は?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/02/05

地震で外壁が砕けたわけでもないのに、少しのヒビだけで外壁塗装をする意味などあるのかと思う人もいるかもしれません。塗装工事はお金も時間もかかります。

それでも定期的に工事しなければいけない理由とは、どのようなものがあるのでしょうか。

ヒビや割れ目から雨水の侵入を防いで家を長持ちさせる

綺麗な新築でも、外壁は外の部分で常に自然にさらされています。外壁のヒビからは、雨水がどんどん侵入して建物の柱や土台に溜まっていきます。湿気は抜けず最終的には土台が腐り、建物の機能が果たせなくなってしまうのです。その結果、建具が閉まらなくなるなどの問題が起きてきます。

家も傾き、住むことができなくなる可能性も否めません。せっかくの住居に長く住み続けるためには、まずは柱や土台の湿気を乾かすことが重要です。そのためには外壁のヒビを塞いで雨水の侵入口をなくさなければならないのです。

外壁塗装をすることでヒビは塞がり、雨水はそれ以上入ってこなくなります。建物内の湿気はゆっくりと乾燥し、土台の腐敗を防ぐことができます。塗料には防水効果もあるので、雨や雪による建物のダメージも少なくなるでしょう。外壁塗装は、家を守り少しでも長く住み続けるために必要不可欠なのです。

黒カビの発生を防ぎ住人の健康を守る

外壁のヒビから雨水が侵入することで、建物内に湿気が溜まることが分かりました。実はその湿気は建物を腐らせるだけでなく、黒カビも発生させてしまいます。部屋の天井や内壁などにカビが広がり、家の中はカビ臭くなるでしょう。

臭いだけでなく、黒カビは住人の健康にもさまざまな悪影響を及ぼします。例えば喘息やアレルギー発作、蕁麻疹などの症状です。頭痛やイライラなどの不調が生じる人もいるかもしれません。

黒カビは湿気が原因であり、掃除しても消えることはないでしょう。黒カビをなくすためには、雨水がこれ以上入らないように手を打つことが先決なのです。そのためには外壁塗装をして、ヒビを塞ぐことが必要です。外壁塗装は、黒カビの発生を防いで住人の健康を守るために欠かせません。

美しい外観を保つと共に光熱費の節約にも

外壁にヒビやはがれが生じたままでは、家が古く見えてしまいます。外壁というのは外の部分であり、人の目にも付きやすいです。できることなら綺麗に塗装をして、美しい外観を守りたいものです。

塗料にはさまざまなカラーバリエーションがあり、好みの色を選ぶのもまた楽しいものです。塗装の際に今までとは違うカラーにすることで気分転換にもなりますし、まるで新築の家のように生まれ変わることでしょう。

また塗料には遮熱効果や断熱効果が備わったものも開発されています。一戸建ての場合、しっかりと塗装をしていなければ紫外線からの熱を建物がすべて吸収してしまいます。その結果、夏場の部屋の温度があまりにも高くなり、暑くていられない状況に陥るのです。

そしてエアコンを使う頻度が高くなり、光熱費も上がってしまいます。きちんと遮熱・断熱効果のある塗料で外壁塗装をおこなえば、夏は涼しく冬は暖かい生活が可能になります。塗装を施すことで光熱費も節約できるというわけです。

 

外壁工事をする理由としては、建物と住人の健康を守ることがまず挙げられます。さらに、見た目を美しくして中古の家でも綺麗に見せる目的もあります。そして屋内の温度をコントロールして、季節に合った住みやすい空間にするのです。

子供から高齢者までが健やかに快適に暮らせるように、面倒臭がらずに外壁塗装をおこないましょう。外壁のヒビは放置しておくとひどくなり、雨水の侵入量も増えてしまいます。外壁トラブルが悪化するとなおさら工事費用も施工時間もかかってしまうので、早いうちに対処することが重要といえるのです。

サイト内検索