【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ15選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

沖縄の塗装工事期間の過ごし方と注意点を紹介!

公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/05/28


沖縄の外壁塗装における塗装工事期間については、注意しなければいけない点や過ごし方が存在します。塗装工事中にはさまざまなことが起きるため、事前にしておけば問題を抱えることなく、スムーズに生活することが可能です。そこで今回は、沖縄の塗装工事期間の過ごし方と注意点について解説します。外壁塗装を検討している人は参考にしてください。

塗装工事中の過ごし方

外壁塗装を依頼する時に疑問となりがちな点は、塗装が行われている工事期間中どのように過ごせばよいのかということです。基本的に外壁塗装に関しては、以下のようなスケジュールで進んでいきます。

・塗装業者による近隣住民への挨拶
・作業する足場の組立て
・高圧洗浄
・塗装の下地作業
・塗装開始
・業務の仕上げと確認
・作業する足場の解体
・完了

基本的に塗装を行っている工事期間であったとしても、日常生活は通常通り過ごすことができます。たとえば、何か用事があって外出しなければいけない時であったとしても、家を留守にすることは問題ありません。しかし、外壁の塗装が行われているので、窓を開けるなどは注意が必要です。

基本的に、塗料は人体に害するものではありませんが、匂いなどが充満してしまいます。そのため窓を開けることなどは、匂いが気になる場合はできるだけ避けておいたほうがよいでしょう。しかし、空調設備などは問題なく利用できるため、夏にはエアコン・冬には暖房設備など普段通り使用しても問題ありません。

一点注意しなければいけないのは、塗装工事期間中の騒音です。どうしても足場の組み立てや洗浄作業などについては、音が発生してしまいます。しかしこれは一時的なもので、実際に塗装などが開始された場合は収まるため、生活に支障をきたすことはあまりないでしょう。

近隣への配慮

沖縄の塗装工事期間の過ごし方について忘れてはいけないのが、近隣への配慮です。どうしても作業するにあたっては、工事に付随する騒音など、普段通りの生活とは異なる不便を強いてしまう可能性があります。

不快感を与えないためにも、あらかじめ近隣住民へ工事に関することを伝えておいたほうがよいでしょう。何も知らずにいきなり工事が始まってしまうと近隣住民も不快に感じてしまうため、業者だけではなく依頼するほうも、あらかじめ挨拶回りしておくことが大切です。

注意点

沖縄の塗装工事期間については、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。まず注意しなければいけないのは、空き巣の被害についてです。実は工事期間というのは、空き巣の被害が起きやすい期間でもあります。業者が作業していることから、鍵をつけずに家を離れてしまうことが多いため、空き巣が狙う格好の的になってしまうからです。いくら家の外に業者がいるからといって、鍵もつけずに自宅を離れることは避けて、しっかり施錠して外出しましょう。

また塗装工事においては、外壁や屋根を洗浄する際に水を使って行います。そのため窓などを開けたままにしていると、水などが入り込んでしまい家の内部が汚れてしまう可能性があるので注意してください。事前に業者も作業に関する注意はしてくれるでしょう。

しかし、洗浄を行う日には窓が閉じているか確認しておくことによって、家に水が入ることを防ぐことができます。注意しておけば塗装工事期間中であっても気持ちよく生活できるので、あらかじめ上記のことについてはしっかりと確認しておきましょう。

 

今回の記事では、沖縄の塗装工事期間過ごし方と注意点について解説してきました。外壁や屋根塗装における塗装工事期間については、あらかじめ知っておくと問題なく普段通り生活できます。今回紹介したポイントを抑えて、塗装工事期間中も気持ちよく生活しましょう。

サイト内検索