【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ15選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

沖縄の外壁塗装は地域密着型の業者も施工には問題ない?

公開日:2021/08/01  最終更新日:2021/05/28


外壁塗装を依頼する際には、大手の業者か地域密着型の業者どちらを選べばよいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。大手業者・地域密着型の業者には、それぞれ異なったメリット・デメリットがあるものです。そこで今回の記事では、大手業者・地域密着型業者のメリット・デメリットについて詳しく解説するため、参考にしてください。

地域密着型の業者を選ぶメリット

地域密着型の業者を選ぶメリットについては以下の通りです。

・コストを抑えることができる
・コミュニケーションが円滑
・何かあった時すぐに対応してくれる
・地域の特色にあった業務が可能

それぞれについて以下で詳しく解説していきます。

コストを抑えることができる
外壁塗装検討する際に一番重視するのが、コストのことではないでしょうか。地域密着型の業者に関しては、その地域に住んでいる職人が塗装作業を行ってくれるのがほとんどです。大手業者に関しては外注などのプロセスが発生するため、仲介手数料などが発生してしまうこともあるので注意してください。無駄なコストを抑えて、できるだけお得な金額で依頼したい場合には、地域密着型の業者が最適といえるでしょう。

コミュニケーションが円滑
地域密着型の業者は契約から施工完了まで、ノンストップで行なってくれるためスムーズに仕事を依頼できます。契約の際における注意事項などの引き継ぎも社内で行われるため、ミスなども起きにくくトラブルが発生しにくいでしょう。大手業者の場合、外注に引き継ぎなどを行わなければいけないため、伝達のミスなどが生じる可能性もあります。伝達ミスなどのトラブルが起きることなく、依頼主・業者・職人間でのコミュニケーションが円滑な点は、地域密着型の業者を選ぶ上での大きなメリットです。

何かあった時すぐ対応してくれる
地域密着型の業者に依頼しておけば、物理的な距離が近いことが多く、何かあった時すぐに対応してくれます。とくに外壁や屋根は、一度問題が起きてしまうと生活に影響が出てしまうので、すぐに対応してくれるのかも重要です。何かあった時いつでも相談できる地域密着型の業者は、今後を考えた上でも大きなメリットを有しているといえます。

地域の特色にあった業務が可能
地元密着型の業者は長年その地域で業務していることが多いため、1年間を通じた気候の変化や町並みに合わせた塗料を選んで塗装してくれます。大手業者によっては、地域性をそこまで考慮することなく業務を行ってしまう場合もあるので注意が必要です。

地域密着型業者のデメリットも確認しておく

地域密着型の業者に依頼するにあたって、どのようなデメリットがあるのでしょうか。地域密着型業者のデメリットとしては、依頼する業者を選定しにくい点が挙げられます。大手とは異なり、地域密着型の業者は口コミなどでのみしか知られていないケースも考えられるので注意してください。

またアフターケアに関しても大手とは異なり、地域密着型の業者に関しては業者が倒産してしまうと、何かあった時に対応してもらえない場合があるからです。そのため依頼する業者に関しては、事前に調査しておく必要があります。

大手業者に依頼するメリット・デメリット

大手業者に依頼する最大のメリットは、過去にどのような施工が行われたのか確認しやすいことです。また施行によって不具合などが生じたとき、アフターケアなどが充実しているのも強みといえます。

一方でデメリットとしては、地域密着型の業者と比較するとコストが多くかかってしまうことです。大手業者では、外部業者に業務が委託されることが多いため、中間マージンがかかってしまいます。また担当が変わってしまうことも多く、伝達などがうまくされないことも多々あるため注意が必要です。

 

今回は、沖縄の外壁塗装は地域密着型の業者に施工を依頼しても問題ないのかについて詳しく解説してきました。地域密着型の業者と大手業者、それぞれどちらもメリット・デメリットを有しています。どちらが正解というものではないため、自分の目的に応じて依頼する業者を選びましょう。

サイト内検索