【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ10選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

沖縄の外壁塗装で見積もりの際にやってはいけないNG行為

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/05/28


沖縄で外壁塗装を検討している人も多いのではないでしょうか。沖縄で外壁塗装を依頼する際に、避けることができないのか「見積もり」でしょう。見積もりをどう行うかによって、外壁塗装を適切に依頼できるかが左右されます。そこで今回の記事では、沖縄の外壁塗装で見積もりの際にやってはいけないことを解説するので、参考にしてください。

1社で決めない

外壁塗装は依頼する機会が頻繁にあるものではなく、どのような業者を選べばよいのかわからないという人がほとんどです。そのため初めて外壁塗装を依頼する人多くが、軽く調べて最初に選んだ業者にすべての工程を任せてしまいがちになります。あまり馴染みのない外壁塗装に関する情報を調べて、業者に見積もりなどを依頼すると、そこに決めてしまいたいと考えるかもしれません。

しかし外壁塗装というのは、今後の生活を左右する重要な工事になります。そのため1社で決めるということはせずに、必ずいくつかの業者に話を聞いて比較検討しましょう。基本的には3~5社話を聞いて、一番好感をもった業者に依頼するのがおすすめです。業者に話を聞くということを通じて、外壁塗装に関する基本的な情報や適切な相場などを大まかに把握できるでしょう。そのため、信頼できる業者がどのような特徴をもつのかを見極められるようになります。

その結果、最初に決めようとしていたところがあまり優良とはいえなかったということも多いため、必ず複数の業者に相談しておくのがおすすめです。また、見積もりを依頼する業者を増やしすぎないように注意する必要があります。比較検討する業者が多すぎてしまうと、どれがどれだかわからなくなってしまい業者を選定できません。できるだけ厳選して見積もりを依頼するようにしましょう。

見積条件を変更しない

外壁塗装の見積もりを依頼する際には、見積条件を変更しないということも重要になります。確かにいくつかの業者に見積もりをする際には、それぞれの業者によって少しずつ違いがあるので、それに応じて見積もりの条件を変更してしまいがちです。

しかし、いったん見積もりの条件から変更して依頼してしまうと、それぞれの業者を比較検討する時に条件が異なってしまいます。そのため、どの業者が一番よいのかということを見極めることができなくなるのです。業者ごとに特徴が違ったとしても、可能な限り見積もりの条件は変更せず、一定の条件によって問い合わせをするようにしてください。

値引き交渉を行い過ぎない

見積もりを依頼する際には、できるだけ安く済ませたいという気持ちから値引き交渉をしてしまう人も多いですが、あまり交渉しすぎてしまうのもよくありません。確かに依頼する側にとっては、大きい金額が動くのでできるだけ安くしたいという気持ちもあるでしょう。

しかし、安いことだけを重視してしまうと外壁塗装工事に支障をきたしてしまいます。工事に必要な工程を飛ばされてしまったり、予算の都合で最低限度の工事しか行ってくれなかったりする可能性があるからです。とくに安さだけで業者を選んでしまうと、短い期間で塗料が剥がれ落ちてしまったり家にトラブルが生じてしまったりする可能性があります。

そのような場合であったとしても、工事の失敗の原因が予算にあるといわれてしまうことになってしまうので、値引き交渉というのは最低限に留めておきましょう。無理な値引きではなく、適正な価格で工事を行ってくれるかという視点から見積もりを依頼するのが適切なスタンスです。

 

沖縄の外壁塗装で、見積もりの際にやってはいけないNG行為について詳しく解説してきました。外壁塗装に関する見積もりというのは、あまり馴染みがないものなので知らず知らずのうちにNG行為をしてしまいがちです。後々トラブルが起きないように、今回紹介したポイントをおさえて見積もりをとるようにしましょう。

サイト内検索