【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ15選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装の保証内容をチェック

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/02/08


沖縄は天候による被害も受けやすい地域であり、外壁の劣化もしやすいので外壁塗装をすることは珍しくありません。その際には、信頼できる塗装会社に依頼することが重要です。比較するべき点は多々ありますが、その中でも保証内容はしっかりチェックしておくようにしましょう。保証の内容や期間は、依頼先による違いが大きいポイントです。

保証の種類の違いに注目しておく

業者の選び方ですが、明朗会計であり有資格者が在籍していて、実績も豊富にある外壁塗装会社から選ぶべきでしょう。沖縄は台風による被害やシロアリなどあらゆるトラブルがあるからこそ、信頼できて長く付き合えるかで判断する必要があります。数十万円から数百万円にもなる工事もあるからこそ、内容は契約前にしっかり確認しておきましょう。

沖縄の外壁塗装業者と一口にいっても、保証の種類はさまざまで、まずは自社保証に注目する必要があります。これは塗装会社によるものであり、内容にも大きな差があるからこそ注意しておかなくてはなりません。

注目するポイントになるのが、木部と鉄部を保証してくれるかという点です。塗装会社の加盟している団体や組合の保証の有無も大切であり、これに加盟していることで万が一依頼した塗装会社が潰れてしまっても、これらを代わりに受けることができるので、依頼する側にとっては安心できる制度となっています。

保証が適用される主な内容

保証については、どんな症状が現れても必ず対応してもらうことができるというわけではなく、内容は依頼した会社により大きな差があることは確かです。しかし基本的には、外壁や屋根の色あせや外壁や屋根のチョーキング、塗装剥がれやひび割れ、付帯部の劣化には対応してくれるケースが大半です。

ただし、契約する前に内容をしっかり確認しておかないと、いざ施工後にトラブルが発生した時に対応してもらえず頭を悩ませることになりかねないので、気をつけましょう。たとえば色あせにも対応しているとなっていても、色があせたと感じる程度は人によって違いがあり、色があせたと塗装会社にアピールしても基準には至っていないということで対応してもらえない可能性もあります。

トラブルになってしまわないためにも、どの程度のレベルから対応してくれるのかという細かな基準まで確かめておくようにしましょう。中には追加料金が必要になるケースもあるので、気をつけておかなくてはなりません。

対応の期間にも注目しておくことが大切

沖縄の外壁塗装会社といっても数多く存在しており、長年運営している会社もあればまだ歴史が浅い会社も存在しています。どちらがよいと一概にいうことはできませんが、どのような塗装会社にも潰れてしまう恐れはあることを頭においておくようにしましょう。

だからこそ保証期間には注目しておくべきであり、期間が長ければ長いほどよいというわけではないことも理解しておく必要があります。保証が三十年など長いことを強みや特徴としている会社もありますが、そんなに長い期間保証ができるわけがないと考えておくべきです。

そもそも一般的な塗料の耐用年数は十年から二十年程度となっており、十年以内にはかなり高い確率で劣化が発生してしまいます。そんなに長い期間を保証すると、問い合わせが殺到してしまうことになることは間違いありません。会社側は損をしないために、自然災害は対象外などの条件を設けていることが多いです。期間と内容のバランスは、しっかり確かめておきましょう。

 

塗装工事が終わった後に、どのような不具合が出た場合に保証対象になるのか、また保証される期間については依頼先により大きな違いがあります。だからこそしっかり比較し、本当に信頼できる会社に依頼するように心がけておくことが大切です。

サイト内検索