【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ5選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

サイディングボードの塗り替えと張り替えについて比較してみよう

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/09/19

沖縄で外壁塗装をする場合は、サイディングボードを用いている住宅などもそこに塗料の仕組みなります。

しかしながら、実はサイディングボードを用いているときには塗り替えのパターンと張り替えのパターンがあることを理解しておく必要があります。では、この2つはどのような違いがあるでしょうか。

なぜ塗り替えと張り替えの両方があり得るか

サイディングボードは、住宅の外壁に付いているボードになります。最近の住宅では、サイディングボードを用いている傾向が強くなっているのが特徴です。何故かといえば、加工が簡単な上に見た目もバラエティーに富んでいるからです。

とは言え、サイディングボードを貼り付けた場合には15年近く経過するとかなり劣化してくることがわかるでしょう。この場合に、塗り替えをおこなうか張り替えをおこなうかの選択をしなければなりません。

ですが、サイディングを用いていない場合の外壁には、塗り替えの選択肢しかないでしょう。それにもかかわらず、サイディングを用いている場合に張り替えの選択肢があるのは、ボード自体の取り外しが自由自在だからといえます。

もし、あまり建築から時間が経過していない場合、例えば新築から15年目位の場合には、外壁塗装の売り買いだけで充分といえます。なぜなら、サイディングそのものは劣化しているからです。

築30年以上経過している場合でサイディングの状態を見て劣化していると判断した場合は張り替えをおこなうのが理想になります。ちなみに、劣化しているときの判断基準はサイディング自体がひび割れてしまっている場合や歪んでしまっている場合などです。

全部をはがしてから張り替えをする場合

基本的に、サイディングボードの張り替えをおこなう場合には、今まで利用してきたボードを全て取り外し張り替えをすることになるでしょう。この場合のメリットは、建物自体にあまり負担をかけないことです。

二重にしてしまうと、その分だけ重たくなり耐震性に影響を与えることも少なくありません。このように考えるならば、それにくっついているサイディングボードを取り外して、新しいものを上から貼り付けると良いかもしれません。

ただ、これを利用するならばそのデメリットがあることをよく理解しておく必要もあります。どのようなデメリットが考えられるかといえば一度古いボードの取り外しをおこなうため、取り外しをするときに費用がかかってしまうことです。

もし、十分な予算がなければこのやり方はあまり妥当ではないでしょう。建物の大きさにもよって異なりますが、取り外すだけで20万円ぐらいはかかると考えておくと間違いありません。

上から張り付ける方法の特徴はどうか

ボードの張り替えをする場合にも、完全に古いボードを取り外してからではなく、すでに貼り付けてあるボードをそのままにして上から重ね張りをする方法があります。このような方法を用いることにより、古いボードを取り外す手間がなくなりますので、その分だけ費用と時間がかからないことが特徴になります。

業者により重ねて張り付ける方法を選択することができないことがあるため、事前に調べておかなければいけません。重ねる場合の問題点は、住宅自体が重くなってしまうことです。サイディングといってもそれなりの重さがありますので、無駄に住宅が重くなり耐震性に影響を与える問題もあります。

住宅の耐震性は、設計自体がしっかりしていることも重要ですが、それに加えて建物が軽量であることが必要です。ですが、重ね張りをしてしまうとその分重くなるためデメリットをよく理解しておくべきです。ただ、もともと耐震性がしっかりしている人はそこまで気にする必要もないともいえます。

 

沖縄で外壁塗装する場合には、そのままサイディングボードに塗料を塗る方法がありますが、ボードの張り替えをおこなう方法も考えられます。ボードの張り替えをする場合には、ある程度劣化している状態が望ましいでしょう。

ただ、張り替えにも2種類あり、古いものを一度はがしてから貼る方法と、古いものをそのままにした状態で重ねて貼る方法があります。重ねて貼る方法は余分なお金がかかりませんが、その分住宅自体が重たくなってしまい、耐震性に影響が出ることもあります。

サイト内検索
沖縄の外壁塗装業者ランキング!
記事一覧