【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ5選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装の悪徳業者の特徴は?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/03/22

沖縄県で外壁塗装を専門業者に依頼した場合、30坪の建物で約65~80万円程度が費用の目安となります。

決して安いとは言えないメンテナンスです。

高い買い物になるからこそ、信頼できる専門業者に依頼したいと考える人がほとんどでしょう。

沖縄県内には良心的な業者さんが多いのですが、やはり少なからず「悪徳業者」と言えるようなところもあるようです。

悪質な業者の特徴、逆に信頼できる業者の特徴を合わせてチェックしておけば、業者選びに悩むこともありません。

 

悪徳業者の特徴をチェックしよう

従来の塗料よりかなり長持ちする、オリジナル塗料を使っているというセールストークを行う悪質な業者が多いようです。

一般的な塗料が持つ期間は短いもので約5年、機能性が高く長持ちするものでも約15年程度と言われています。

塗料の持ちを考えると外壁のメンテナンスは、約10年前後を目安に行う必要があります。

悪質業者の中にはオリジナル塗料を使い「1回塗れば25~30年持つ」とセールスするケースも少なくありません。

平均的な相場より金額は高いけれど、長持ちするから長い目で見るとお得と言ってくるのです。

このような業者は避けたほうが良いでしょう。

また「すぐにでも塗装しないと雨漏りする」など、契約を即座にするよう迫る業者も悪質と言えます。

この他に3日以内に契約すれば50万円引きなどのセールストークをする業者も、信頼感には欠けるでしょう。

言葉巧みにすぐにでも契約させる業者も、避けた方が無難です。

 

施工の内容が杜撰なケースが多い

外壁塗装はただ塗料を塗れば施工は終わりという訳ではありません。

足場を組み高圧洗浄機で外壁を清掃するところから始まります。

清掃後はひび割れているところを補修し、下地を塗ってやっと塗料が塗れるようになるのです。

さらに塗料も1回だけ塗るのではなく、3度塗りするのが基本となっています。

丁寧な業者は4度塗りを推奨しているようです。

悪徳業者は清掃を省いたり、下塗りせず塗料を塗る、塗料も1回塗って終わりと杜撰な施工を行うことが多いようです。

このような内容で施工を行ってもすぐに塗料は落ちてしまい、塗装を行った意味がありません。

また、悪質な業者は塗料を薄めて塗ることもあります。

このような杜撰な施工を避けるためにも、見積書を提出してもたった時に「どの箇所に、どのような塗料を何回塗ってもらえるのか」といった細かい点を質問するようにしましょう。

 

良い業者を見極めるポイントとは?

外壁塗装は特別な資格がなくてもできるものです。

ですので悪徳な業者が参入しやすい状態となっています。

信頼できる業者に依頼するためにも、良い業者かどうかを見極めるポイントを事前に知っておくと安心です。

まずは、資格・建設業許可があるかをチェックしましょう。

建設業許可・塗装技能士・外壁劣化診断士・外壁塗装マイスター・雨漏り診断士など資格、建築業の許可を持っているスタッフが施工を行う業者は信頼できます。

これらの資格はしっかりとした知識や技術を持った人しか取得できません。

外壁の状態に合わせて的確な施工を提案してくれるので安心です。

また見積書で確認した金額以外に、費用を請求しないかどうかという点も、契約時に聞いておきたいポイントとなっています。

 

外壁塗装を行う業者の中には悪徳とも言える業者も少なからずあります。

費用は高くても塗料が長持ちするからお得、早くしないと大変なことになるなどのセールストークで、契約を迫るような業者は避けましょう。

また悪質な業者は塗料を塗る回数が少ない、塗料を薄めるなどして施工がとても杜撰です。

信頼できる業者を選ぶためには、しっかりとした資格や建築業許可があるか・施工が終わった後、見積書以上に費用を上乗せして請求しないかという点を確認しましょう。

 

サイト内検索
沖縄の外壁塗装業者ランキング!
記事一覧