【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ5選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

沖縄で外壁塗装がおすすめの時期はいつ?

安心して沖縄の土地で、家族揃って笑顔で暮らしていくためには、住まいのメンテナンスが不可欠となります。

元々雨風が激しい土地柄ですので、他の地域以上にメンテナンスは小まめにしたいところです。

お手入れは早期に実施することが大事です。

また、予算面でも外壁塗装を早めに行った方がお安く済みます。

 

暮らし始めてから10年から15年位がおすすめの時期です

外壁塗装に適した時期ですが、沖縄で暮らし始めて既に10年から15年以上が経過しているなら、そろそろ良いタイミングです。

雨風から大事なマイホームを守る役目を担っている塗料ですが、経年変化は避けられません。

10年から15年程度で劣化が著しく目立っていき、天災への耐久性が激変し、見た目も少し古びた感じになります。

沖縄は先祖代々暮、住んでいる家庭が多く、親や祖母や祖父の代から大事に一つのマイホームに住む方々も少なくはありません。

その場合は詳しい家長の方に相談して、最後にメンテナンスをした時期を聞き、そこから10年以上経過しているようであれば前向きに工事を考えなければいけません。

経年変化をしたまま放置すると、雨漏りやカビやコケが生える原因となります。

放置する事で著しく住まいの耐久性が減り、台風や普通の豪雨などでも甚大な被害を受けるようになります。

セルフチェックも大事であり、住民の目から見て、ひび割れや塗料の剥がれ落ちが激しいと感じたら、まだ数年でも補修すべき時期です。

 

お天気の事を考慮して外壁塗装の時期を考える

沖縄県は日本でも特に気候変動が激しい地域です。

普段から天候が変わりやすく、雨や風の影響を受けやすいです。

そのため、沖縄で外壁塗装にオススメなのは比較的気候が落ち着いたシーズンとなります。

春や秋、初冬などは気温差や天気が落ち着いており、工事を請け負うスタッフがスムーズに作業を進められます。

反対に雨季や真夏のシーズンはおすすめではありません。

雨季はゲリラ豪雨や台風が到来する時期です。

夏場はそういった影響を受けて、度々外壁塗装の工事がストップします。

ペンキを新しく塗り替えても、正しく乾燥しなければなりません。

雨季は湿気や雨風の影響で、塗り替えても乾き辛く、せっかくスタッフが丁寧に作業を施しても、翌日激しいお天気に見舞われると、再び塗りなおしが求められ、時間と費用が少し多くなるのが難点です。

台風が多数到来する時期なども工事がそもそも始められませんので避けた方が良いでしょう。

春の頃が気候も落ちつき、専門業者の方も比較的スケジュールに余裕が見られるのでおすすめです。

 

家庭環境に変化があった時も良いタイミングとなります

子どもが生まれ、両親と同居する事になったり、親の介護の必要になったりと人生には色々な家庭環境の変化が訪れます。

その変化に合わせて外壁塗装をするのもおすすめです。

一見メンテナンス時期と無関係ですが、人生の新門出を記念してマイホームをメンテナンスすれば、気持ちも自然と入れ替えられます。

新しく家庭に加わった方々と話し合って、外壁塗装の色や素材を選んでみるのも良いでしょう。

それだけで団結力が生まれますし、新しいライフスタイルを記念して全く別の色に塗り替えてみるのも良いアイデアです。

また経済的に余裕がある間に、外壁塗装の済ませておくという発想もあります。

老朽化がそれ程進んでいなくても、例えば子どもの進学や他のリフォーム工事といった、お金がかかりそうな時期が到来する前に、先に沖縄県の外壁塗装サービスにして、先行して外壁塗装のメンテナンスを施しておけば、上手く家計経済的負担が分散させられます。

子どもの受験や進学、リフォーム工事に外壁塗装などが同じ時期に重なると出費がかさみます。

サイト内検索
沖縄の外壁塗装業者ランキング!