【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ5選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装を業者に依頼した際の考えられるトラブルとは?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/19

沖縄県で外壁塗装を依頼する場合は、事前にトラブルを予想しておく必要があります。これをすることによって、未然にこれから起こりうるトラブルをすることができるでしょう。

もし、トラブルが起こりうるとすればどのようなことが考えられるでしょうか。いくつかのパターンを見ていきます。

イメージしていたものと色が異なる

沖縄で外壁塗装する場合、塗料の種類を選ぶことが重要になりますがそれと同じ位に重要になるのは色になります。色にもさまざまな種類がありますが、たいていはカタログなどを見ながら決めるものです。業者が少し分厚いカタログを持ってきて、そのカタログを見ながらどの色にするか顧客が選ぶことになります。

このとき注意しなければならないのは、カタログと実際に塗装する場合の色ではワントーン明るさが違ってしまうことです。カタログで見る場合は、少し暗めに見えてしまいます。

例えばブルーに塗装する場合でもカタログで見る場合は暗かった色を塗装してみると、実際には明るいブルーになることも少なくありません。この点を理解してなければ、理想と違った色になってしまい業者にクレームを言うことになるでしょう。

もう一度塗り直すにしても時間がかかるだけでなく結構なお金がかかってしまいます。業者にその旨を伝えても業者もカタログ通りの色を選んだので問題ないと伝えるでしょう。

もちろん、業者のほうも事前に色がワントーン明るくなる旨を説明してくれるところもあるでしょう。そのようなときにならば安心できますが、必ずすべての塗装業者がそのような説明をしてくれるとは限りませんので要注意です。

においが周りの家に充満してしまう場合

沖縄でおこなう外壁塗装のトラブルの代表的なものは、においのトラブルです。特に、外壁塗装をする場合でも油性の塗料を使う場合にはそのにおいが周りの近所の家に充満してしまいます。

そうすると、近所からクレームが来る可能性も少なくないでしょう。なぜ、油性の塗料は臭いが充満してしまうこと言えば、シンナーを利用するからです。油性の塗料は、シンナーを利用しなければ塗料をうまく溶かすことができません。

そのため、塗装をするたびにシンナーのにおいが周りの家に入ってしまう恐れがあります。それだけでなく、自分の家の窓を少し開けておいただけで、部屋の中がシンナーのにおいで臭くなることもあり得るでしょう。

この対策としては、可能な限り水性の塗料を使うことです。水性塗料の場合はシンナーで溶かすことはありませんのでにおいが充満することはないでしょう。それ以外に考えられるトラブルは、塗料が周りの住宅についてしまう場合です。特に、都心部のように建物と建物の間が50センチ位以内の場合は注意が必要になります。

塗料の種類はわからないまま利用してしまう場合

塗装をする場合、どのような塗料を使うかが問題になります。塗料の種類によっては、耐用年数が短いものも少なくありません。そのため、事前に耐用年数をよく確認しておくことが必要になります。

例えば、ウレタン系塗料を利用すれば対応年数が12年程ですが、光触媒塗料を利用した場合には20年になります。二つを比べてもおよそ2倍近く違いますので、塗り換える頻度も当然違ってくるでしょう。中には、業者が安い塗料を勧めてくれる場合もありますが、たいてい安い塗料は耐用年数が短いです。

耐用年数が長いものを選びたければ不満に感じるはずです。このように考えれば、単に業者が勧めてくるものを利用するのではなく自分なりに調査をする必要があります。

 

沖縄県で外壁の塗装をする場合には、トラブルが発生することがあります。そのうちの1つが色に関するトラブルです。たいていの場合、色を塗る前に業者がカタログを持ってきますが、そのカタログ通りの色を選んでも外壁に塗ると少し明るい可能性があります。

また、近所にシンナーのにおいが充満してしまいクレームになる恐れも考えられるでしょう。それ以外にも、塗料の種類をよく調べなかったために、自分が予想している耐用年数よりも短いもの選んでしまうことがあります。

サイト内検索
沖縄の外壁塗装業者ランキング!