【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ5選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装は補助金を受けられる?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/07/05

沖縄は南からの暖かい空気が入り込みやすいので、特に夏場は気温が32度以上になるだけでなく湿度も高いです。

気温と湿度の高さそして紫外線というのは住宅にとって大敵で、劣化を防ぐためには外壁塗装が必要になるのですが、家全体に塗るようだと予算がかかってしまうのが難点です。そこで各自治体では、外壁塗装をする際にも補助金が出るようになっています。

 

リフォームということを証明する必要がある

外壁塗装をする際に各自治体から補助金をもらえるといいましたが、ただ申請すればもらえるわけではないです。申請を出して補助金をもらうためには、これからおこなう外壁塗装の工事がただ塗料を塗るのではなくリフォームということを証明する必要があります。

リフォームということを証明するためには、自宅に施す塗料が条件に提示されている遮熱塗料もしくは断熱塗料を使用することです。遮熱塗料もしくは断熱塗料を使用することを、外壁塗装を依頼した業者に証明書を発行してもらいます。証明書を発行して、それを自治体に提出すれば工事が終わった後に還付金としてもらうことができます。

 

基本的な受け方の流れを解説

補助金の受けとるためにはただ申請すればよいというものではないため、しっかりと全体的な流れを把握しておくことが重要です。補助金というのは工事が終わった後に一定額を支給してもらえる仕組みですが、間違えてはいけないのは工事が終わった後に申請を出すのではないという点です。

確かに工事が終わった後に支給されるものですが、実際に支給する金額を用意するのには時間がかかるため大半の自治体では工事がおこなわれる前に必要書類を作成して提出しなければならないと規定されています。必要書類を作成して自治体に提出すると、その後数日後に支給審査通過の通知が届くのです。

決定通知が届き、実際に工事が開始して数日たって終わったら決定通知書の中に内封している報告書類を作成し実際の完成写真と共に再び納付します。

その後各自治体の責任者が、自宅に赴いて完成写真と同じ状態になっていることを最終確認し後日支給決定通知が届きます。決定通知が届いたら、事前に指定している銀行振り込み先に入金されていることを確認して補助金の受け方の流れは完了です。

 

覚えておいたら便利なこと

実際に補助金を申請する際に、利用するのであれば覚えておいたら便利なことがいくつかあります。申請については基本的に自分ですべておこなわなければならないですが、外壁塗装業者の中には申請について利息を支払えば代行までしてくれる企業があるのです。

そのため代行できるかどうかは業者に相談してみると分かるので、見積もりを立てるときにしっかりと代行サービスがあることを確認します。

 

沖縄は太陽の光が強く降り注ぐだけでなく、降水量も意外に多いので家の劣化が早い土地柄です。そのため外壁塗装をするのが重要ですが、ただ申請すればもらえるというわけではないです。補助金を得るためには塗料が遮熱および断熱塗料でなければならないといいましたが、それ以外にも申請する際にはいくつか注意事項があります。

それは塗料だけでなく、自治体の条件の中にはどのような工事で申込期間は決まっているのか、そして業者の指定はあるのかなど必ず細かい条件の確認は必要になります。

そのため申請を出す前に、しっかりと自治体に連絡するかホームページで確認することが重要です。助成金と違って、難しい審査を通らないともらえない補助金は支給額が多いのがメリットなので負担の多い外壁塗装をするのであれば費用負担が軽減でき役に立ちます。

 

サイト内検索
沖縄の外壁塗装業者ランキング!
記事一覧