【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ5選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装にはどのような種類がある?

紫外線や雨風から建物を守るのが外壁塗装の役目ですから、塗膜が劣化する頃合いを見て定期的に塗り直すのが肝心です。

また、塗料にはいろいろな種類があるため、どんな種類があり、どんな特色を持っているのか紹介したいと思います。

 

安さが魅力のアクリル塗料とウレタン塗料

数ある塗料の中でもとくに低価格なのがアクリル塗料であり、鮮明な色合いに仕上がる特性を持っています。リーズナブルなのは大きなメリットですが、そのぶん耐久性も低く、耐用年数はほかの塗料より短めです。なので、外壁塗装の工事サイクルをできるだけ長くしたいときには適さず、今日ではほとんど使われない塗料となっています。

ただし、塗り替え回数が多い部分や、沖縄で頻繁に外壁を塗り替えたいときには良いかもしれません。そして、アクリル塗料より耐水性や防水力に長けているのがウレタン塗料であり、耐用年数もアクリル塗料より数年長くなります。ウレタン塗料は比較的密着力に優れており、剥がれやすい部分の塗装に効果を発揮するタイプです。

具体的には塩ビ製の雨どいや木材部、それに鉄部などに用いられることも多くなっています。ウレタン塗料には独特の光沢感があるので、塗装後はピカピカと輝くような仕上がりになるのが魅力です。それゆえに、ツヤのない落ち着いた雰囲気に仕上げたい場合は適さないと言えます。

また、ウレタン塗料は柔らかいのが特色で、扱いやすく、作業性にも富んだ塗料です。乾いて固まった後も塗膜には弾力性が残っており、家屋が揺らいでもヒビ割れしづらくなっています。そこで、壁にヒビが発生しやすいという場合は、ウレタン塗料を検討してみるのもポイントです。

さらに、ウレタン塗料はバリエーションが多く、水性や溶剤系、それに遮熱塗料といったタイプまで、用途や塗装部位に応じて種類を選べます。例えば、硬化剤を加える2液型なら塗膜を厚くできるため、屋根の塗装工事にも利用可能です。

 

シリコン塗料は費用と品質のバランスに長けている

シリコン塗料はウレタン塗料より耐用年数が長く、それでいて価格も安いことから、外壁塗装工事では人気の塗料です。この塗料の主成分であるシリコン樹脂は非常に安定しており、数百度の高温にも耐える性能を有しています。

そのうえ紫外線にも耐性があるため、沖縄で外壁塗装を検討している場合には着目しておきたい選択肢です。ウレタン塗料と同じく塗膜には光沢感もありますが、ツヤの保持率はウレタン塗料より高くなっています。

しかもシリコン塗料には透湿性があり、建物の中での結露も防げるなど、そのことでカビやコケの防止を期待できるのです。価格と品質のバランスが良く、現時点では外壁塗装の主流塗料ですから、各社より多彩な製品が販売されています。

 

耐用年数の長さで選ぶならフッ素塗料

その耐久性の高さから脚光を浴びているのがフッ素塗料であり、費用は多少高くても、塗り替えサイクルを延ばしたいという人々に選ばれています。

フッ素塗料は壁面としっかり密着するため、風雨や紫外線に長期間晒されても隙間などができにくい仕組みです。とりわけ沖縄は風雨や紫外線が強いエリアなので、建物をキッチリ守る外壁塗装工事をお望みなら、フッ素塗料を選択肢に加えておくと良いでしょう。

 

塗料は種類によって値段や特徴が異なりますから、外壁塗装工事を沖縄でご予定の際は、予算や耐久性能を加味して塗料を選ぶと良いでしょう。そして何れの種類でありましても、外壁塗装を実施するときは、塗料の製造会社に着目するのもおすすめです。ノーブランド品は安い傾向もありますが、メーカー製は製品開発に時間とお金を掛けているため、製品に対する信頼性が違います。

電化製品でも海外のノーブランド品より、メーカー製のほうが安心できるのと同じ原理です。塗料は家屋を守る大切な存在ですから、外壁塗装工事は品質の高い塗料を使用する業者を選びましょう。

 

 

サイト内検索
沖縄の外壁塗装業者ランキング!