【沖縄】外壁塗装工事に評判の業者おすすめ5選をご紹介!屋根や住宅塗装・防水工事にも対応の会社を厳選!

外壁塗装の耐用年数はどれくらいかかる?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/07/05

沖縄県で外壁塗装する場合には、どれぐらいの耐用年数になるか理解をしておく必要があります。耐用年数によっては、かなり短いスパンで外壁塗装しなければならなくなることがあるからです。

そこで、それぞれの種類の塗料の耐用年数を理解しておきましょう。

 

フッ素系塗料は長期的に利用することができる

外壁とその中でも、フッ素系塗料は長期的に利用することができる種類の一つになります。フッ素自体は、歯に塗るものとして使われていることをしている人が多いでしょう。あれば、虫歯を避けるために塗ることになりますがそれだけ外からの攻撃に対して強みを持っているのが特徴です。

つまり、外壁になった場合にも劣化しにくい性質を持っているのがポイントです。表面に、バリアを張っているような感じと考えればよいでしょう。そのため、従来の塗料が10年程度しか長持ちしなかったのに対して、フッ素系塗料の場合には20年ほど長持ちするのがポイントです。ただ、一般の住宅でなかなかフッ素系塗料を利用することはありません。

例えば、一戸建て住宅やアパートなどにフッ素系塗料を利用する人は少ないです。なぜかといえば、もともとフッ素系塗料は大きなマンションやビルなどの塗装する場面を想定して開発されたものだからです。

なぜマンションやビルなどを対象にしているかといえば、マンションやビルなどは頻繁に外壁塗装してしまうと足場の設置だけでかなり時間がかかるだけでなく住人に迷惑をかけてしまう可能性があるからです。それならば、多少はお金がかかってもある程度耐用年数の長い塗料を塗ったほうがメリットがあると考えられます。

 

よく使われているシリコン系塗料の特徴は

一般の住宅では、シリコン系塗料がよく使われています。シリコンは、表面が柔らかくしかも耐用年数が長いことで知られています。フッ素系塗料などと比べてしまうと若干短くなりますがそれでも12年から15年ほど長持ちするのが特徴です。この塗料が一般の住宅で使われている理由は、耐用年数がそれなりに長いことだけでなく値段が安いからです。

1平方メートル当たりの金額でいえば、\2500程度になります。もちろん業者によっても技術料などが異なるだけでなく大量に塗料を仕入れているかどうかで仕入れ値が変わってきますので、どの業者でも同じになるとは限りませんが、それでもリーズナブルで提供されるのが大きな魅力といえます。

 

ラジカル塗料の登場により革命がおこる

ラジカル塗料とは、2015年あたりから特定の業者により発売された商品になります。破竹の勢いで利用されておりシリコン系塗料と並ぶぐらいの人気があるのがポイントになります。なぜラジカル塗料にそれほど人気があるかといえば、費用はシリコン系塗料と大して変わらないにもかかわらず耐用年数が2年から3年ほど長いからです。

沖縄でも、15年程度は利用することができるだけでなく、うまくいけば20年ほど利用することも決して難しくありません。また、汚れにくいのが大きな特徴となっています。

外壁を塗装する場合の問題はクラックが発生した場合だけではなく汚れているからという点がきっかけになることが少なくありません。このように考えると、外壁塗装も少しずつ時代によって進化していることが理解できます。

 

沖縄県で外壁塗装を考えているならば、どれぐらいの耐用年数があるかを理解しておく必要があります。

ビルやマンションなどに利用する塗料の一つとして、フッ素系塗料と呼ばれるものがあります。フッ素系塗料の特徴は、耐用年数が非常に長く、一度塗装したら20年ぐらいは塗装しなくてもよいのがポイントです。

これにより、何度も足場を設置し塗り直す必要はありません。一般の住宅ならば、シリコン系塗料やラジカル塗料などが魅力的です。最近はラジカル塗料が人気となっています。その理由は、耐用年数が長い割には料金が安いからです。

 

 

サイト内検索
沖縄の外壁塗装業者ランキング!